太陽光発電の導入を成功させる宮崎の業者選び

宮崎の太陽光発電 優 施工業者ランキング
HOME » よくわかる太陽光発電の基礎知識 » 発電量はどれくらい?
宮崎の太陽光発電の設置施工会社おすすめランキング
もっと見る
SEC株式会社
第1位 SEC株式会社
実績 ★★★★☆
取扱メーカー数 ★★★★★
満足度 ★★★★★
もっと見る
コトブキ光熱
第2位 コトブキ光熱
実績 ★★★★★
取扱メーカー数 ★★★★☆
満足度 ★★★★☆
もっと見る
サンオブサンカンパニー
第3位 サンオブサンカンパニー
実績 ★★★★★
取扱メーカー数 ★★☆☆☆
満足度 ★★★★★

発電量はどれくらい?

実際に太陽光発電でどのくらいの発電量が得られるのか、くわしく解説します。

太陽光発電の発電量はどれくらい?

太陽光発電の発電量は、1kWシステムあたり、最大年間約1000kWhと言われています。

kWh(キロワット・アワー)というのは、1時間あたりの電力量のことです。

一般的な家庭(親子4人家族)の電気消費量は、平均で年間5,560kWh程度と言われています。

ですから、3kW~5kWの太陽光発電システムを設置すれば、一般的な家庭の消費電力の7割~9割が太陽光発電でまかなえる計算になります。

ただし、この「1kWシステムあたり年間1000kWh」というのは、あくまで最も適した条件で発電システムを設置した場合の最大発電量です。

実際の太陽光発電の発電量は、設置する方角や角度、周囲の環境などによって違ってきます。

そこで、以下に太陽光発電の発電量に影響する主な条件の詳細をまとめてみました。

設置する方角

太陽光発電システムをどの方角に向けて設置するかは、発電量に大きく影響します。

最も発電量が多くなるのは、南向き

対して、他の方角に向けた場合の発電量は、真南に向けたときを100%とすると、西向きや東向きでは83%、北向きではなんと62%と、大幅に下がってしまいます。

建物の状況によっては難しい場合もありますが、太陽光発電システムは、なるべく南向きに設置すると良いでしょう。

設置角度

システムをどれくらいの角度で設置するかということも、発電量に関わるポイントになります。

設置角度は0度(水平)~40度の間が普通ですが、その中でも最も理想的なのは、傾斜30度です。

傾斜角度は水平に近づけば近づくほど、太陽光を受ける量が少なくなって、発電効率が下がってしまいます。

水平に設置すると、システムの表面についたほこりなどが雨で洗い流される効率も悪くなって、さらに発電量が減少する原因にもなりますから、できるだけ30度の傾斜角度をつけるように設置することをおすすめします。

地域や天候

同じ日本国内といえど、地域によって気候や日射量が違うため、太陽光発電の発電量にも差が生まれます。

もちろん、晴天の日に比べると曇りや雨の日の発電量は少なくなってしまいますから、できるだけ晴天の日が多い地域のほうが発電量は多くなります
日照時間も同様に、多ければ多いほど発電量が増えるのは当然ですね。

日本ではたいてい、太平洋側の地域のほうが年間の日照時間が長くなっています。

ちなみに、このサイトでは宮崎の太陽光発電施工業者を紹介していますが、宮崎県の晴天日数や日照時間の長さは、全国ランキングで常に上位

太陽光発電の設置に向いている地域と言えますね。

汚れや陰など

太陽光発電システムの表面にごみや汚れがついたり、陰ができたりすると、発電量を減少させる原因となってしまうことがあります。

日常的に付着するほこりやちり程度なら、発電量への影響は数%ですし、雨が降れば洗い流されるので、心配は要りません。

ただし、設置場所が交通量の多い道路脇などにある場合は、車の排気ガスなどに含まれる油性の汚れがシステムについてしまうことがあります。
こうした汚れは雨ではなかなか落ちませんので、注意が必要です。

そのほか、落ち葉が積もってシステムの表面を隠してしまう、テレビのアンテナがシステムの南側にあって陰を作っている、積雪が多い、などの理由でも発電効率が下がってしまうことがあります。

設置する際は周囲の環境をよく考え、できれば信頼できる業者に相談するといいでしょう。

 
▲ ページトップ

【免責事項】このサイトは、個人が運営してます。最新情報を知りたい方は、リンク先サイトをご確認ください。

宮崎の太陽光発電「優良」施工業者ランキング