太陽光発電の導入を成功させる宮崎の業者選び

宮崎の太陽光発電 優 施工業者ランキング
HOME » よくわかる太陽光発電の基礎知識 » 宮崎の古い家でも太陽光発電はできる?設置基準の基礎知識
宮崎の太陽光発電の設置施工会社おすすめランキング
もっと見る
SEC株式会社
第1位 SEC株式会社
実績 ★★★★☆
取扱メーカー数 ★★★★★
満足度 ★★★★★
もっと見る
コトブキ光熱
第2位 コトブキ光熱
実績 ★★★★★
取扱メーカー数 ★★★★☆
満足度 ★★★★☆
もっと見る
サンオブサンカンパニー
第3位 サンオブサンカンパニー
実績 ★★★★★
取扱メーカー数 ★★☆☆☆
満足度 ★★★★★

宮崎の古い家でも太陽光発電はできる?設置基準の基礎知識

 太陽光発電普及率が高い宮崎

「太陽と緑の国 みやざき」というキャッチフレーズの通り、宮崎は太陽の光がさんさんと降り注いでいます。そのため、宮崎は太陽光発電の普及率が約3%にものぼるくらい高いのです。その理由について解説します。

 

宮崎の日照時間

太陽光発電は太陽のエネルギーによって発電します。そのため雨や雪が多い地域よりも、太陽が顔を出している時間が長い地域の方が、効率的に発電します。その点宮崎の日照時間は年間約2,000時間。全国でも3位に入るほど。快晴日数は年間53日で全国2位。いずれも太陽光発電を設置するには適した環境であると言えます。

 

太陽熱温水器の普及率も高い宮崎

宮崎では太陽光発電だけではなく、太陽熱温水器も高い普及率を誇っています。それも約40%で全国においても1位です。

 

エネルギー自給率が低い宮崎

宮崎県には原子力発電所がなく、エネルギー自給率が低い地域です。エネルギー・環境分野において課題を解決する手段の一つとして、太陽光発電の普及が高まったのです。

 

屋根や家の構造がパネルの重さに耐えられることが必要

太陽光発電の普及が推進されても、家が古いと不安なものです。太陽光発電は家の屋根にパネルを設置しなければならないからです。設置基準としてはどういった基準なのか解説します。

 

太陽光発電の重さ

太陽光パネルの重さは、1システム3kwあたり200~300キロ。屋根はその重さに耐えられることが重要です。また、重さに耐えられるとともに、しっかりと固定できることが必要。それができないと補修工事が必要になります。

 

屋根への固定方法

素材によって屋根への固定方法は異なりますが、瓦屋根の場合、瓦の一部を取り外し、パネル固定用の金具がついている屋根にとりかえます。ストレート屋根の場合は、屋根に直接ビスで金具を固定し、防水加工をしたうえでパネルを取り付けます。

 

設置が難しい屋根

屋根の構造によっては設置が難しい場合があります。例えば、屋根材の下地に断熱材を入れ、チップ剤でサンドイッチ構造になっている屋根の場合、ビスが使えません。また家の構造によっては設置できないケースもあります。築年数が長い古い家も、注意が必要です。

 

屋根の角度は太陽光パネルの設置において重要

古い家で、古い屋根であることも、パネルの設置は難しいとされていますが、屋根の角度も設置の際には重要になります。太陽光パネルと屋根の角度の関係についても知っておきましょう。

 

理想的な屋根の角度

太陽光発電は屋根の角度によって発電量が変わります。理想的な屋根の角度は30度前後。この角度が、太陽光が屋根に直角に当たり、効率よく発電できるのです。太陽の角度は季節によって異なります。夏は高い位置から差し込み、冬は低い位置から差し込みます。それを踏まえ、理想的なのが30度前後なのです。また、地域によっても理想の角度は頃なり、北海道で40度前後、沖縄では25度前後が理想です。

 

さまざまな屋根の形に対応

日本の屋根の形はさまざまです。どのような形があるかというと、寄棟、入母屋、切妻、陸屋根などがあります。それだけではなく、素材も和瓦、洋瓦、ストレート瓦などいろいろな素材が使われています。このようにさまざまな屋根でも、太陽光発電は架台を設置することで設置が可能です。

 

屋根の種類による設置方法

屋根のさまざまな種類に対応するには、それに適した方法で設置をします。寄棟屋根の場合は、専用のパネルがあるのでそれを利用します。切妻はパネルが設置しやすいです。屋根一面の面積も広く、発電量も多いです。コスト面でもお得です。反面、陸屋根や折板の場合、架台を設置する必要があり、コストがかかるうえ、裏面に隙間ができやすく、パネルが冷えやすいので発電量が少なくなる傾向にあります。片流れ屋根は南向きであれば、より効率的な発電が可能です。

 

失敗しない太陽光発電の設置

メリットも多い太陽光発電ですが、設置には高額な費用がかかります。失敗をすればあきらめるか、または補修工事などさらに費用がかかることに。そういった失敗を避けるためにも、設置の際に注意したい点を知っておきましょう。

 

屋根が老朽化している

古い家となると太陽光発電の設置は難しくなります。屋根が老朽化している家には、重さのある太陽光発電システムを設置することは無理でしょう。また、風がとても強い地域は、パネルごと吹き飛んでしまう危険性があります。メーカーにはそれぞれ設置基準がありますのでそれを守って設置をすることが大事です。もし、それを守らずに設置してしまうと、トラブルの原因になりますので注意しましょう。

 

メーカーの基準を守る

それぞれのメーカーには、工事基準があります。安全に太陽光発電が可能するための施工基準です。基準においては、築年数や基準風速、積雪、塩害、設置場所の高さ、モジュールの設置範囲などが決められていますので、それを守ることが重要です。設置基準を守らないと、パネルが吹き飛んでしまう、寿命が短くなる、などデメリットが生じます。

 

設置基準を守らないと保証対象外になることも

太陽光発電は設置場所や環境、気象条件などによって、設置するのが難しいケースがあります。それを無視して設置すると、メーカー保証が受けられないことがあります。

 

太陽光発電の寿命を長くするコツ

太陽光パネルの寿命は通常、20年程度と言われています。それよりも短くなるのは、何か問題があるのかもしれません。また、せっかく使用するのであれば、寿命を短くしたくはないものです。太陽光発電の寿命を長くするコツについて紹介しましょう。

 

メンテナンスをきちんと行う

太陽光発電は基本的にメンテナンスは不要です。掃除などをこまめにする必要はありません。そうはいっても、屋外に設置されているので、汚れは溜まっていきます。それが発電量が低下する原因になってしまうこともありますので、定期的に専門家に確認をしてもらうとともに、メンテナンスをするといいでしょう。

 

パワーコンディショナーの寿命は10年

太陽光発電で使用する機器において、パネルの次に重要なのがパワーコンディショナーです。この機器は、パネルで発電した電気を家で使用できるよう変換する機器です。パワーコンディショナーの寿命はパネルよいも短く、10年程度と言われています。それは変換する際に熱を発生するためです。10年経ったら、メンテナンスや交換が必要になるということを覚えておきましょう。

 

 

宮崎は太陽光発電がさかんに行われている地域です。日照時間も長く、発電しやすいので効率的に電気をためることができるでしょう。しかし、古い家への設置は難しいことがあります。特に屋根が老朽化していると危険です。また、屋根の種類などによっても設置方法が異なります。安全に太陽光発電の恩恵を受けることができるよう、屋根や家の築年数に合わせた設置方法で、設置しましょう。また。メーカーの設置基準を順守するようにしましょう。

カテゴリー
  • 宮崎の太陽光発電施工業者リスト
  • 納得!宮崎で太陽光発電がオススメな理由
  • よくわかる太陽光発電の基礎知識
  • 太陽光発電のメリットとデメリット
  • 【蓄電池】太陽光エネルギーをお得に貯めよう
  • 太陽光発電の疑問解決Q&A
 
▲ ページトップ

【免責事項】このサイトは、個人が運営してます。最新情報を知りたい方は、リンク先サイトをご確認ください。

宮崎の太陽光発電「優良」施工業者ランキング