宮崎の太陽光発電「優良」施工業者リスト

宮崎のおすすめ
太陽光発電事業者5選

宮崎の太陽光発電「優良」施工業者リストよくわかる太陽光発電の基礎知識太陽光発電システムに必要な周辺機器とは?

太陽光発電システムに必要な周辺機器とは?

太陽光発電システムに必要な周辺機器

太陽光発電システムは、「系統連系型」と「独立型」に分かれます。独立型は、電力会社とは分離されたシステムで、公共施設や産業施設で使われているシステムです。系統連系型は、電力会社と連携するシステムで、電気の売買を行うことができます。住宅用の太陽光発電システムといえば、この系統連系型システムのことを指します。
住宅用では、直流電力が太陽光で発電されます。この直流電力をパワーコンディショナが交流電力へと変換し、電力会社から供給される電気と同じように家庭内で使うことができるようになります。系統連系型の太陽光発電システムは、電力会社の配電線へと繋がっています。そのため、発電量が消費する電力を上回ったときには、電力会社に余った電気を売ることができます。その反対に、発電量が少なくて電力が不足したときには、電力会社から送られてくる電気を使うことができます。このようなやりとりは、システムが自動的に行なってくれるので、使用者は操作を意識する必要はありません。
住宅用の太陽光発電システムでは、主に屋根に設置し実際の発電を行う太陽電池モジュール(ソーラーパネル)の他に、接続箱、パワーコンディショナ、分電盤、受変電設備、売電用積算電力量計、買電用積算電力量計、データ収集装置、日射計・気温計、表示装置、蓄電池などの周辺機器が必要となります。

接続箱

複数ブロックからなる太陽電池モジュールの配線を、この接続箱で1つにまとめます。太陽電池モジュールとパワーコンディショナを繋ぐ役割を果たしています。太陽電池モジュールを点検、保守するときに使われる開閉器、落雷に備えるための避雷素子、太陽電池モジュールへの電気逆流を防止するためのダイオードを内蔵しています。屋外に設置するもので、パワーコンディショナと一体化された製品もあります。

シンプルなものであれば20,000円台のものもあるのでお手頃ですが、搭載されている機能に応じて高額になります。高いものですと150,000円ほどするものもありますが、高ければ良いということではありません。自らの太陽光発電にはどのタイプが良いのかを考えると良いでしょう。

また、これから太陽光発電の導入を考えている場合、接続箱は見積書を見ても名前が見当たらないケースもあります。「接続費」としてトータルで費用が含まれていることも多いので、既に太陽光発電を導入している人も、接続箱の存在を知らない・知らされていないというケースもあるでしょう。ポイントとしては、最大入力電圧が高いものがおすすめですが、施工性の高いものや、設置環境に順応できるのかといった点も考えておくと良いでしょう。

パワーコンディショナ

太陽電池モジュールによって発電された直流電流を、住宅内で使用できるように交流電流へと変換する機器です。太陽電池モジュールから直流電流を効率的に引き出す制御も行います。電力会社の配電線に悪影響を与えないための連系保護装置も、パワーコンディショナには内蔵されています。交流電流への変換効率は、製造メーカーや製品ごとにさまざまですが、高性能タイプのものほど変換効率が良くなります。電力会社からの給電が停電などでストップしたときに、自立運転機能が働く製品もあります。自立運転時はパワーコンディショナに備わっている非常用コンセントからの電力利用が可能になります。設置は屋内のほか、製品によっては屋外に設置が可能なものもあります。

分電盤

パワーコンディショナから供給される交流電流を、住宅内の各配線に分配させるための装置です。パワーコンディショナとコンセントの間に置かれます。別途、太陽光発電システムの専用ブレーカーを用意してあげる必要があります。

電気を分けるだけではなく、電気の使用量や漏電などのチェックも分電盤の役割になります。また、余った電力を逆流させる役割を担っているので、太陽光発電を売電できるのは分電盤があるからこそです。

言葉が似ていることから配電盤と混同している人も多いのですが、配電盤は工場、ビルなどの大きな施設に用意されるものを指します。送られてくる高圧電流を、使用できる電圧へと変換する役割もあるのが特徴です。大きな電気を受け止めて電力を分配する配電盤に対し、配電盤から分配された電気を受け止めるのが分電盤です。これらの特徴からも分かるように、太陽光発電で売電をと考えている場合、分電盤が必要不可欠になると分かります。

受変電設備

6.6キロワットなどの商用電力系統から電力を受け取り、低圧となる3相3線200ボルトの動力電源や、単層3線200ボルト/100ボルトの電灯電源に変圧するための設備です。商用電力系統から受電する時点で低圧となっている場合は、この設備は必要ありません。

もしも受変電設備がない場合、電線が発熱してしまうため効率良く電気を受け取ることができません。電気を受け取るためには電線のケーブルを太くする工事が必要になるので、経済的にも受変電設備は必須です。変圧することができるので、高圧の電気を受け入れることが可能になるのもメリットです。

受変電設備には箱型のキュービクル式と開放型があり、前者は屋上や駐車場などに設置されています。開放型は充電部が露出しているタイプです。どちらにもメリットデメリットがあり、設置スペースや安全性を考慮しなければいけません。また、キュービクルには様々な形があるので、受変電設備を入れる場合は受変電設備が入るサイズでなければならないということを覚えておきましょう。

売電用積算電力量計

使用している太陽光発電システムが「逆潮流あり」のタイプならば、余剰電力を電力会社に売ることができます。その際に売電量を測定する必要があるのですが、その測定に使用する機器が売電用積算電力量計(売電メーター)です。売電用積算電力量計の所有者が誰になるかは電力会社ごとに異なり、電力会社であったり、契約者であったりします。設置費用や10年ごとに必要な交換費用の負担にも関わってきますので、契約先の電力会社がどのようなスタンスを取っているのか、システム導入前に調べておくとよいでしょう。

買電用積算電力量計

夜間や悪天候で電力不足となったときには、電力会社の電力を使用しなくてはなりません。その際に、電力会社から供給された電力をどれくらい使用したかを測定する機器が買電用積算電力量計です。太陽光発電システム導入以前に使用していた電力量計(電気メーター)からの交換となり、電力会社側が設置・メンテナンスを行なってくれます。

データ収集装置

発電量など、太陽光発電システムに関するデータを集め、記録しておく装置です。一般的なパソコンでの代用が可能です。

蓄電池

太陽電池モジュールによって発電された電力を蓄えるための装置です。蓄電池があれば、発電できない夜間、災害時の停電があったときにも電力の使用ができます。蓄電池を導入する際には別途、充放電を制御するためのユニット、蓄電池を接続するための接続箱も用意する必要があります。

その他

日射計や気温計、発電量などのデータを確認するための表示装置が必要となります。