宮崎の太陽光発電「優良」施工業者リスト

宮崎のおすすめ
太陽光発電事業者5選

宮崎の太陽光発電「優良」施工業者リストよくわかる太陽光発電の基礎知識太陽光発電は儲かるのか

太陽光発電は儲かるのか

太陽光発電を設置することで、家で使用する電気を作り出すことができます。

それによって電力会社からの使用を控えることができますから、電気代を節約することになるのです。また、売電によって収益化できる可能性もあります。

ここでは、太陽光発電を設置することで儲けることができるのか、ということについて説明していきます。

太陽光発電の特性とかかる出費を考慮する

太陽光発電は自然を相手にする投資

太陽光という自然エネルギーから発電を行う太陽光発電は、常に電気を作り出すことができるという訳ではありません。

自然エネルギーであるため、環境や条件によって発電量は変化するのです。その原因としては、次のようなことが関係しています。

日射量で発電量が変化する

発電量は日射量が多ければ、より電気を作り出すことができます。

そのため、太陽が長く出ている地域と、出ていない地域では日射量に大きな差があるのです。赤道に近い地域は、太陽からの日射量が多いので発電量も増えます。

周りの建物による影の影響

住宅の周りにビルのような大きな建物があると、ソーラーパネルに影が差します。影ができると太陽光が当たらず、発電量は少なくなるでしょう。

周りの建物の影による影響は、発電量を大幅に下げる原因です。日陰になる土地だと、太陽光発電は合わないかもしれません。

発電量が安定しない

太陽が沈みだす頃になると発電量は少なくなります。時間帯や季節によって、自然環境は変化するので日射量は安定しないので発電量も安定しません。

安定しないということは、理想の発電量に達することができないということです。ですから、確実に儲かるとはいえないのです。

自然災害による被害

ソーラーパネルは屋根の上に取り付けますから、台風の影響をまともに受けてしまいます。

太陽光発電は、風圧に耐えられるように設定されていますが、風による飛来物のせいでパネルが壊れる恐れがあるのです。

自然災害に備えて、ソーラーパネルが傷つかないように、対策を行う必要があります。

電気機器のメンテナンスも考慮

ソーラーパネルは、設置後のメンテナンスはほとんど要りません。しかし、太陽光を電気に変えるための電気機器は交換が必要です。

機器や部品の値段は高く、交換するための作業にも費用がかかります。長く太陽光発電を続けるためには、メンテナンス費用も用意しておきましょう。

太陽光発電には税金もかかる

住宅用の太陽光発電でも、固定資産税が発生することがあります。屋根に取り付けるタイプなら発生しません。ですが、屋根と一体型になっている場合は固定資産税の対象となるのです。

他には、出力が10kW以上の設備と、売電の収入が年間20万円以上の場合も固定資産税がかかります。10kW以上は産業用という扱いになるので課税対象です。

固定資産税の計算方法は次のようになります。

固定資産税=評価額×税率(1.4%)という公式で、500万円の太陽光発電を設置した場合の、固定資産税は

500万円×1.4%=約7万円となります。

太陽光発電の耐用年数は17年となっていますから、その間は税金を支払い続けます。

気になる太陽光発電の儲かる度合い

実際のところ、太陽光発電は確実に儲かるという保証はできません。売電に関しては個人や事業者が多く参入したことによって、買取価格は下がってきています。

また、発電量は自然によって左右されますし、メンテナンス費用や税金などで支払う費用のほうが大きいというイメージが強いです。

ここまで読んでみると、太陽光発電は儲からないというイメージを抱くでしょう。ですが、投資としては優良な投資といえます。

その理由としては、たとえ価格が下がっても、エネルギー自体の需要が無くなることは考えにくいからです。

そして、太陽がある限り発電し続けるので、長い目でみると決して損をすることはありません。

他にも、再生エネルギーバブルがはじけたことにより、悪徳業者が衰退したという点も関係しています。雑な設置を行う悪徳業者が少なくなり、太陽光発電のノウハウを持った施工会社が増えました。

そのような施工会社がいれば、太陽光発電で成功するためのノウハウを教えてもらえるので、上手く発電量を増やして儲かることが可能です。

確かに太陽光発電は安定した収入を得られる投資ではありませんが、決して損をすることはないので安心です。また、施工会社選びに次第では、儲かる可能性がまだまだ残っています。

太陽光発電で儲かるために役立つ情報

元を取る方法

住宅用の太陽光発電で元を取るためには、ソーラーパネルなどの設備の費用とメンテナンス費用の合計を把握します。そして、売電で得られる収入とどのくらい電気代を削減できるのか調べることが重要です。

設備は安い製品なら25万円程度で購入でき、高い製品の場合は35万円程の費用が必要になります。

メンテナンスは頻繁に行うものではないので、20年の間で5万円程あれば十分です。太陽光発電の取り付けや、メンテナンスにかかる費用は合計で40万円程度となります。

元を取るのであれば売電収入だけではなく、電気代を削減することも含めて考えておきましょう。

発電した電気を全て家の電気として使用すれば、電力会社を利用しないので毎月の電気代はタダとなります。今まで支払っていた電気代がタダになるということは、その分の費用が浮くということです。

作った電気の半分を家の消費に回すだけでも、20年間で設備とメンテナンス費用は回収できます。ですから、太陽光発電で元を取ることは可能です。

購入する際の支払い方法も、収益性に関わる要素になります。分割払いの手数料はトータルで換算すると大きくなるため、初期費用を回収するための期間が長引くことになります。

できるだけ、一括払いで購入できるようにしたほうがお得です。

蓄電池や電気自動車とコンビで使うことも考慮

太陽光発電に蓄電池を取り付けることで、余った電力を貯めておくことができます。昼間は電気の使用量も少なくなるので、その時間に発電した電気を貯めておき、発電できない夜に貯めた電気を使いましょう。

電気料金を設定しておき、電気料金が高い時間帯は蓄電池を利用して、安い時間帯に不足分の電気を使用すれば節約できます。

他にも、電気自動車を購入してガソリン代を節約する方法もあります。電気自動車の購入は、国や自治体から補助金の交付や、税優遇制度を利用することができるのです。

地方によって補助金などは異なりますから、地方のホームページで確認してください。電気ですから排気ガスを排出することがないので、地球にも優しいというメリットがあります。

このような方法で、太陽光発電を生かすことができるので、長い目でみれば元を取るだけでなく儲かることも可能です。

ただ設置するのではなく、上手く活用する方法を見つけ出すことが成功するための秘訣です。