太陽光発電の導入を成功させる宮崎の業者選び

宮崎の太陽光発電 優 施工業者ランキング
HOME » よくわかる太陽光発電の基礎知識 » ソーラーパネルの種類
宮崎の太陽光発電の設置施工会社おすすめランキング
もっと見る
SEC株式会社
第1位 SEC株式会社
実績 ★★★★☆
取扱メーカー数 ★★★★★
満足度 ★★★★★
もっと見る
コトブキ光熱
第2位 コトブキ光熱
実績 ★★★★★
取扱メーカー数 ★★★★☆
満足度 ★★★★☆
もっと見る
サンオブサンカンパニー
第3位 サンオブサンカンパニー
実績 ★★★★★
取扱メーカー数 ★★☆☆☆
満足度 ★★★★★

ソーラーパネルの種類

 宮崎で扱っている太陽光発電のパネルには種類があります。種類を把握して、目的に合ったものを選びましょう。

パネルの種類と特徴を確認するために

ソーラーパネルには1種類だけではなく、複数の種類があります。種類ごとに特徴が全く違うので、太陽光発電を設置する際には理解しておいてください。

家庭用の太陽光発電で使われるソーラーパネルは、シリコン系と化合物系、有機系の3種類に分けられます。

このうちシリコン系には、単結晶シリコン、多結晶シリコン、アモルファスシリコン、HITシリコンの4種類があります。国内のシェアはシリコン系が一番高くなっています。

単結晶シリコン・HITシリコン

変換効率が良いのは、単結晶シリコンやHITシリコンのソーラーパネルです。現時点では最高水準のもので変換効率は20%前後になっています。

多結晶シリコン・アモルファスシリコン

多結晶シリコンやアモルファスシリコンは、変換効率は悪いですが価格面では優位になります。変換効率は15%程度になるでしょう。

アモルファスシリコンはガラス、または金属基板等の上に、薄膜状のアモルファスシリコンを形成させて作ります。

化学物系

また化合物系のソーラーパネルは、シリコン系に比べると変換効率が悪いながらも、高温や曇りなどでも安定して発電することができます。

化合物半導体太陽電池とは複数の元素を主原料としたもので、単結晶と多結晶の太陽電池が存在します。単結晶の太陽電池は、人工衛星など特殊な用途に使用されているものもあります。

多結晶のものには、使用方法や用途に合わせて多様な構造・材質のものがあります。

宮崎県に合う種類は?

宮崎県に太陽光発電を設置するときには、メリットは少ないかもしれません。

種類ごとの特徴を理解していると、宮崎県で太陽光発電を設置するときには、シリコン系の4種類の中から選ぶとさらに効率的です。また上記以外にも、異なる性質の材料を組み合わせたハイブリッド型など、いろいろな太陽電池があります。

 
▲ ページトップ

【免責事項】このサイトは、個人が運営してます。最新情報を知りたい方は、リンク先サイトをご確認ください。

宮崎の太陽光発電「優良」施工業者ランキング