太陽光発電の導入を成功させる宮崎の業者選び

宮崎の太陽光発電 優 施工業者ランキング
HOME » 太陽光発電のメリットとデメリット » 太陽光発電のデメリット
宮崎の太陽光発電の設置施工会社おすすめランキング
もっと見る
SEC株式会社
第1位 SEC株式会社
実績 ★★★★☆
取扱メーカー数 ★★★★★
満足度 ★★★★★
もっと見る
コトブキ光熱
第2位 コトブキ光熱
実績 ★★★★★
取扱メーカー数 ★★★★☆
満足度 ★★★★☆
もっと見る
サンオブサンカンパニー
第3位 サンオブサンカンパニー
実績 ★★★★★
取扱メーカー数 ★★☆☆☆
満足度 ★★★★★

太陽光発電のデメリット

太陽光発電には、天候の影響や初期コストなどの弱点もあります。太陽光発電を導入するデメリットをまとめてみました。

【太陽光発電のデメリット1】発電量が不安定

太陽光発電は、日照量が少なければ発電量も減ってしまいます。どうしても天候や季節によって発電量が不安定になってしまうという弱点があります。雨の日や曇りの日は発電量が低下しますし、もちろん発電できるのは日中だけです。

安定した利益が見込めないので、採算や収益の見通しが立てにくいのはどうしても避けられないところです。

【太陽光発電のデメリット2】変換効率が低い

太陽光エネルギーを電力に変換する効率は、正直なところ、まだ低いと言わざるを得ません。もちろん、かなり採算が取りやすいところまで技術がたどり着いているのは間違いありませんが、今後のさらなる研究開発に大きな期待が寄せられています。

【太陽光発電のデメリット3】初期コストが高い

普及が進んだことで、太陽光発電の導入費用はかなり下がってきたことは間違いありません。とはいえ、まだまだ導入コストは高いのも事実。

2014年7~9月に導入した太陽光発電システムの平均コストは、平均4.93kWのシステムで214万円ほど。その性能が十分に発揮されたとして、投資の回収には10年ほどかかります。現金で導入できればいいのですが、通常はローンを組んだりすることが多いと思います。初期コストの重さは大きなデメリットのひとつです。

●メンテナンスが必要

なお、太陽光発電の耐用年数は20年ほどと言われています。ただ、一定の発電量を確保するためにはメンテナンスが必要です。それにもコストがかかるので、導入後のコストも念頭に置いた上で、収益の見通しを立てることが大切です。

【太陽光発電のデメリット4】雨漏りのリスク

太陽光発電は、簡単にいうと屋根に穴を開けて設置することになります。通常、屋根には防水シートが敷かれています。これによって雨漏りを防いでいるわけですが、防水シートに穴が空けば、当然雨漏りのリスクが発生します。

もちろん、基本的には防水シートは最後の砦。雨は屋根材で防ぐので、雨水がどんどん漏れていってしまうというわけではありません。

●雨漏りを防ぐには?

そもそも、雨漏りが発生するのは、設置業者の知識技術が不足しているのが大きな原因。技術力が高く、設置実績の多い業者を選ぶことで、雨漏りのリスクを大きく減らすことができます。

自社施工ができない会社や、極端に安い金額を提示してくる会社は、技術面で信頼ができません。設置業者について事前に調べておくことで、雨漏りを防ぎましょう。
 

 
▲ ページトップ

【免責事項】このサイトは、個人が運営してます。最新情報を知りたい方は、リンク先サイトをご確認ください。

宮崎の太陽光発電「優良」施工業者ランキング