宮崎の太陽光発電「優良」施工業者リスト

宮崎のおすすめ
太陽光発電事業者5選

宮崎の太陽光発電「優良」施工業者リスト太陽光発電のメリットとデメリット太陽光発電のメリット

太陽光発電のメリット

太陽光発電には、積極的に導入するべきと感じさせるメリットがあります。太陽光発電の導入で得られる利益効果についてまとめてみました。

【太陽光発電のメリット1】余剰電力の売却

もっとも大きなメリットは、余った電気を電力会社に売ることができる点です。太陽光発電で生まれた電力は、そのまま家庭や事業所などで使うことができます。その上で余った電力を売却すれば、利益を得ることができます。

2015年現在では、太陽光発電を設置した場合、一定期間は固定の金額で電力を買い取ってもらえる制度があります。発電している限り、安定して利益を得ることができます。

●光熱費の削減

私たちは、通常は電力会社から電気を買って使っています。それが必要なくなる、あるいはより少ない電力で済むわけですから、光熱費の削減効果があります。光熱費が減り、しかも余剰電力は買い取ってもらえるわけですから、それだけでも導入の大きな理由になると思います。

【太陽光発電のメリット2】補助金が利用できる

太陽光発電は、いま国や自治体が積極的に推進するエネルギーシステム。設置をする場合には、補助金減税・税額控除を受けることができます。設置費用を抑えながら、収益の出るシステムを設置することができるので、いまは導入のチャンスの時期と言えます。

【太陽光発電のメリット3】災害時に備えることができる

地震や台風など、自然災害によって電気が利用できなくなることがあります。それに対する有効な備えのひとつが太陽光発電です。

電線が切れてしまったり、発電所の操業がストップしてしまえば、わたしたちは電気なしでの生活を強いられることになります。ところが、太陽光発電システムがあれば、自家発電によって当面は乗り切ることができます。

実際に東北大震災では、太陽光発電でテレビを見て情報収集をしたり、携帯電話の充電をしたり、あたたかい飲み物をつくったりしていたそうです。

自律運転モード

自律運転モードにすることで、停電時にも利用できる太陽光発電。自立運転機能付きのパワーコンディショナーにはコンセントが設置されているため、事前にコンセントの場所について業者に聞いておくと良いでしょう。

停電が考えられる原因は、台風や地震などによる電力設備の不具合が考えられます。年に数回台風が来る地域の場合、太陽光発電では自立運転機能が付いたパワーコンディショナーを採用するのがおすすめです。

【太陽光発電のメリット5】経年劣化が緩やかなので寿命が長く故障しない

モジュールの価格は高額なため、傷んだり能力が落ちたりすれば、メンテナンスや修理費用が高額になってしまうと気がかりになってしまいますね。現時点で経年によるモジュールのクオリティ低下はほぼなく、太陽光パネルの破損や不具合は少ないでしょう。故障がおきるのは、ほとんどが周辺機器や架台です。

太陽光パネルが故障した場合は、4割ほどが表面ガラスパネルの故障。烏のフンがそのままになっていたり、一部だけが発熱するホットスポットによるものです。

屋根は、普段から目につきにくいところなので、発電量に関心を持ったり、出力に違和感を覚えたら、すぐに販売会社に相談しましょう。また、住宅の屋根の掃除や確認は危険ですので、自分でやらずに業者に点検を依頼するのがベストです。

パワーコンディショナーの劣化にも注意

パワーコンディショナーの場合、年月が経つことにより出力が下がる可能性があります。寿命は10~15年ほどとされているため、10年近く経って太陽光発電の調子が悪い場合は、一度パワーコンディショナーを点検してもらうと良いかもしれません。

【太陽光発電のメリット6】曇りや雨の日でも発電する

晴れた日は、太陽光発電にとって条件の良い日です。しかし気候が安定しない梅雨時期は太陽が出ないことも。曇りの日のことも気になりますね。天気が悪い日は、たしかに発電量は落ちますが快晴のときの40%くらいとイメージしておくのが良いでしょう。常に日光は存在しますから、全く発電できないわけではありません。雪が積もったり、ゴミが着いてしまった場合など、落とさないと発電できないという面はあります。実は、太陽電池は表面温度が低いほど、発電効率が上がるという性質があります。そのため、寒い地域でも心配なく利用することができます。

発電量が安定しない時の対策

天候が悪い日や日食などで下がる発電量。高温になった場合も発電効率が低下するため、夏よりも3~5月が安定しているとされます。時期によっても左右されることも踏まえて、設置前にシミュレーションを行っておくようにしましょう。

【太陽光発電のメリット7】太陽光発電を導入している方向けのお得な電気料金プランがある

新電力、大手の電力会社では、太陽光発電装置を設置している家向けの、料金プランがあります。これは、国の政策でもあり、再生可能エネルギーの促進を兼ねています。

たとえば太陽光発電を導入した場合、一般プランよりも1kwh辺り1円価格を下げてもらえるプランもあります。また、蓄電池と一緒に、夜間に金額が下がるプランを契約すれば、昼間は太陽光発電の電気を利用して、夜は蓄電池とリーズナブルな単価で余った電力を買い取ってもらえるのです。

【太陽光発電のメリット8】投資用太陽光発電として活用できる

投資は株、不動産など、いろいろありますが、そのなかに太陽光発電投資があります。

例えば、不動産投資をしたら、家賃の儲けで毎月決まった収入が入ってきます。しかし、いつも満室になっているとは限らず空室のリスクも。入居者が減ってしまうと、赤字になりやすいのが難点でしょう。

もちろん、太陽光発電も家賃収入のように毎月電気を売った分の収入があります。しかし、株、不動産と太陽光発電には大きな違いがあります。太陽光発電は、太陽が照らされている限り、安定的な収入を毎月儲けることができるのです。そのため、前触れもなく、収益が0円になるリスクを防げられるのです。

不動産投資は、人との関わりなのでリスクは付きものです。しかし、太陽光発電投資は、悪天候ではい限り売電収入を得られて、ほぼ固定収入であるというのは、大きなメリットでしょう。

【太陽光発電のメリット9】固定買取期間が長い

最大のメリットは、残った電気を電力会社に買ってもらえることでしょう。太陽光発電で発生した電力を、家庭や事業所などで使います。そして、余った電力を売ることで、儲かるしくみです。太陽光発電を設置したら発電している限りは、一定の利益を受け取れる制度があります。

また住宅用の太陽光発電は、稼働してから10年間は設置年度に定められた金額で売ることができます。固定買取期間が長いことで、安定して収益を得られるのはうれしいですね。また、安定した収入が見込めるので、導入時の予算、初期費用回収の計画なども立てやすくなります。

【太陽光発電のメリット10】光熱費を節約できる

一般家庭では、ほとんどの場合ソーラーパネルは屋根に設置します。屋根の全体を覆うため、夏の直射日光を遮り、断熱効果を発揮します。冬はパネルが保湿材になり、家の中の熱が逃げるのを防いでくれます。ソーラーパネルを設置することで、冷暖房効率がアップして、節約効果が期待できます。

普段は電力会社から使った分の電気代を払って生活しています。しかし、太陽光発電を設置すれば自分の家で電力を作れるので、電気代を払う必要なくなったり、またはあるいは少量の電力で足りることになります。どちらにしても、光熱費を減らす優れた効果があります。

【太陽光発電のメリット11】エコキュートと同時に利用可能

エコキュート(排熱を利用する給湯器)を導入することで、より光熱費を抑えられます。セットで使用することにより、ガスの使用量を削減。環境にも優しい運用ができます。エコキュートの設置では補助金制度が適用されるため、条件を満たせば初期費用を抑えて導入できるのもポイントです。補助金については、地域によって差があります。

環境保全への貢献がもできるのも、メリットの1つと言えるでしょう。

また、エコキュートは稼働音が出るため、防音対策が必要です。他にもお湯を使いすぎるとしばらくお湯が使えない、設置スペースが必要などの懸念点があります。設置するかどうかは、メリットとデメリットどちらが大きいのかを考えてから決めましょう。

【太陽光発電のメリット12】節電について意識できる

太陽光発電は、モニターにより発電や売電の状態を確認できます。消費電力も確認できるため、どこで無駄遣いが起きているかが分かり、節電意識にもつながるでしょう。メーカーによって機能に違いはありますが、月ごとに発電量を確認できるモニターもあります。PCやスマホから確認もできるなど、気軽に使える機能もあるのがポイントです。

【太陽光発電を設置するメリット1】費用が安くなっている

太陽光発電を設置するメリットとして、費用が安くなっていることが挙げられます。発電システムが普及し、大量生産を行うことでコストを削減。加えて設置技術の向上により、設置へのハードルは依然と比べて下がっているのがポイントです。

資源エネルギー庁が2018年11月に発表した太陽光発電についての資料には、事業用太陽光発電が毎年低下傾向にあると記載されています。全体的なシステム価格平均値が2012年に42.1万円だったのに対して、2018年には28/6%にまでコストを低減。そのうち太陽光パネルが約50%、工事費が約20%を占めています。

また、国立研究開発法人NEDOの「再生可能エネルギー技術白書」でも、システム価格について低価格化が進んでいるとされているとのことです。

【太陽光発電を設置するメリット2】発電効率向上の可能性

シャープは2030年までの開発を目標として、発電効率40%の太陽電池の開発に取り組んでいます。そのため、今後より多くの電力を発電できるト期待できるのが魅力です。他にもレンズを使って太陽光を集め、発電効率50%を目指す「集光型太陽光発電システム」の実用化にも力を入れています。

太陽電池の中でも変換効率が高いとされる単結晶シリコン太陽電池(市販品)のモジュール変換率は15~20%です。発電効率の向上が実現すれば、屋根の面積が小さい住宅でも十分な発電量を生みだしやすくなると考えられます。

まだ実現は先のことですが、今後太陽光発電を設置したいと考えている場合は、情報について随時チェックしておくと良いでしょう。