太陽光発電の導入を成功させる宮崎の業者選び

宮崎の太陽光発電 優 施工業者ランキング
HOME » 【蓄電池】太陽光エネルギーをお得に貯めよう » 宮崎で使える太陽光発電に便利な「後付け蓄電池」とは
宮崎の太陽光発電の設置施工会社おすすめランキング
もっと見る
SEC株式会社
第1位 SEC株式会社
実績 ★★★★☆
取扱メーカー数 ★★★★★
満足度 ★★★★★
もっと見る
コトブキ光熱
第2位 コトブキ光熱
実績 ★★★★★
取扱メーカー数 ★★★★☆
満足度 ★★★★☆
もっと見る
サンオブサンカンパニー
第3位 サンオブサンカンパニー
実績 ★★★★★
取扱メーカー数 ★★☆☆☆
満足度 ★★★★★

宮崎で使える太陽光発電に便利な「後付け蓄電池」とは

 宮崎における太陽光発電について

宮崎は、全国でも太陽光発電の取り組みがしやすい地域といえるでしょう。なぜなら、実施に適した特徴がいくつか見られるためです。その理由や、太陽光発電の今後についてご紹介します。

 

温暖な気候で有名

宮崎県は、九州南東部に位置する県です。全国的に見ても温暖な九州のさらに南寄りとあって、強力な日差しが特徴的です。まだ日照時間においても全国平均以上を誇っているため、太陽光発電に適した地域であるといえるでしょう。そうした理由から、農業では温暖な気候が欠かせないトマトやピーマン、キュウリの栽培が盛んにみられます。また南国ならではの農産物として、マンゴーを特産としている点も温暖さの象徴といえるでしょう。

 

検討できる太陽光発電施工業者が豊富

電力の買取が始まってしばらくが経過した昨今において、太陽光発電は以前と比べかなり広がってきているといえるでしょう。ですが、興味のない人や初心者にとってはまだまだ未知な部分も多く、メジャーとはいい切れない存在かとも思われます。その点、温暖で日照時間が全国平均以上の宮崎は、まさに太陽光発電向きといえるため、複数の施工業者が利用できます。九州を中心に広範囲で施工をおこなっている会社から、宮崎やその近辺のみに特化した地域密着型までさまざまです。ポイントを押さえて、自身の状況に適した業者を選ぶことで、満足度の高い太陽光発電に繋げられることでしょう。

 

太陽光発電の今後

太陽光発電は、近年順調に利用が拡大され続けてきました。ですが、今後についてはそうもいかないかもしれません。なぜなら、今後、太陽光発電に関わり深い制度が終了を迎えるためです。それは、FIT制度こと固定価格買取制度です。この制度が利用できれば、年々変動する売電単価を、利用開始年の単価で固定した形にて運用していけます。

 

FIT制度の意義は、再生可能エネルギーを普及させるためです。そんな中、単価は太陽光発電普及に伴い、年々下がってきています。だからこそ、単価の固定が有意義な存在として役立てられているのです。そんな中、2019年以降には制度開始年に制度利用を始めた人の固定期間が終了するため、効率的な売電は継続することが基本的にできません。

 

そこで注目を集めているのが、蓄電です。太陽光発電を、売電ではなく電力の自給自足に役立てるといった転換策です。FIT期間終了後は通常の卸売電力価格に該当する、1キロワットあたり11円という単価となってしまうことにより、自給自足に充てた方が効率的となるためです。今回のテーマである後付け蓄電池は、そんな活用方針の転換をおこなう上で魅力的な技術といえるでしょう。

 

画期的な後付け蓄電池技術

FIT期間終了後は売電が非効率な運用となるため、蓄電への転換に注目が集まっています。ですが、従来この転換は手軽におこなえるものでもありませんでした。その理由と、導入方法について紹介します。

 

蓄電池の取り付けは大変

太陽光発電により十分な電力を生産しているとはいえ、蓄電に関しては気軽にできるものでもありません。なぜなら、従来の一般的な太陽光発電システムには十分な機能を備えた蓄電池は搭載されていないためです。一定分を蓄積できるタイプもありますが、蓄電池と呼べるほどの機能を果たすものは一般的でありません。そして、だからといって蓄電池はすぐ取り付けられるものでもありません。なぜなら、既設のパワーコンディショナから取り替えなくてはいけないためです。

 

後付け蓄電池とは

後付け蓄電池は、上記のような現状を打破する、画期的なシステムです。パワーコンディショナを取り替えることなく、その名の通り蓄電池のみを後付けできてしまいます。手間も費用も大きく押さえることが期待できるので、多くの人が気兼ねなく売電から蓄電への転換を検討することが可能になります。

 

後付け蓄電池の利用方法

後付け蓄電池については、まだ登場したばかりの新しい技術となっています。2017年10月より限られた会社から発売されたものであるため、知っている人はまだまだ少ないことでしょう。そのため、後付け蓄電池を利用するには、まず後付けに対応した蓄電池を展開している会社を知り、そこに申し込むことから始めてください。大手企業も展開しているようなので、安心感をもって検討できるでしょう。

 

蓄電した電気の活用方法やメリット

宮崎における太陽光発電で手に入れた電力には、どのような魅力があるのでしょうか。せっかく蓄えても、やはり有益に活用できなければ意味がありません。それこそ、売電時と同じかそれ以上の効率性が望ましいです。活用方法やメリットについて、まとめました。

 

家庭で使う電気として

売電や太陽光発電投資となると、電力は利益を得る対象と考えるのが一般的です。ですがそもそもは、電力会社よりお金を払って購入する存在に他なりません。蓄電池を利用すれば、家庭の電力を安定的に太陽光発電でまかなえるため、この出費を抑えられます。いわゆる、自給自足が実現できるというわけです。まずはこれが、後付け蓄電池の基本的なメリットとなってきます。

 

近年は、電気をあらゆる面に使用するケースが増えてきています。照明や空調のみならず、従来ガスをもちいていた風呂や湯沸かし器なども、まとめて電力をエネルギー源とする、オール電化が広がりを見せているほどです。オール電化の家庭で太陽光発電と蓄電池が併用できれば、かなりの生活費削減に役立てられることでしょう。家と発電システムの規模によっては、売電時以上の得にも繋がるかもしれません。

 

災害時の対策として

電力会社から送られる電気は、常に安定しているわけでもありません。自然災害時をはじめとした停電時に関してはストップされてしまい、家庭内の電気使用機器は一斉に使えなくなってしまいます。不便どころか、季節や状況によっては二次災害にも繋がってしまうことでしょう。

 

蓄電池があれば、そんな万が一の場合でも電力ストップの心配がいりません。蓄電池そのものと供給システムさえ無事であれば、停電時も安定的に電気が使用し続けられます。災害大国といわれる日本においては、重要な活用法といえるでしょう。

 

今の時期だからこそ

2017年現在は、FIT期間終了を控えるタイミングであると同時に、電力料金上昇も取りざたされている時期でもあります。電気料金が値上げされれば、自給自足の意義はより一層増すことでしょう。また、ZEH住宅ことゼロ・エネルギー・ハウスの補助金制度についても注目が高まっています。この通り、後付け蓄電池を採用すれば、複数のメリットを実感できます。太陽光発電をおこなっており、FIT期間が終了するタイミングにある家に住んでいるのであれば、検討して損はないでしょう。

 

 

宮崎は、全国でも太陽光発電がしやすい地域です。そんな中、2019年以降、FIT期間が終了する家も徐々に出始めることから、方針転換についても注目が高まっています。後付け蓄電池は、それによるデメリットを解消でき、さらに新たなメリットを得られる有益な選択肢となっています。時代に合った転換策となるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー
  • 宮崎の太陽光発電施工業者リスト
  • 納得!宮崎で太陽光発電がオススメな理由
  • よくわかる太陽光発電の基礎知識
  • 太陽光発電のメリットとデメリット
  • 【蓄電池】太陽光エネルギーをお得に貯めよう
  • 太陽光発電の疑問解決Q&A
 
▲ ページトップ

【免責事項】このサイトは、個人が運営してます。最新情報を知りたい方は、リンク先サイトをご確認ください。

宮崎の太陽光発電「優良」施工業者ランキング