太陽光発電の導入を成功させる宮崎の業者選び

宮崎の太陽光発電 優 施工業者ランキング
宮崎の太陽光発電の設置施工会社おすすめランキング
もっと見る
SEC株式会社
第1位 SEC株式会社
実績 ★★★★☆
取扱メーカー数 ★★★★★
満足度 ★★★★★
もっと見る
コトブキ光熱
第2位 コトブキ光熱
実績 ★★★★★
取扱メーカー数 ★★★★☆
満足度 ★★★★☆
もっと見る
サンオブサンカンパニー
第3位 サンオブサンカンパニー
実績 ★★★★★
取扱メーカー数 ★★☆☆☆
満足度 ★★★★★

蓄電池とは

発電した電気や、買い取った電気を貯めておける蓄電池。蓄電池の仕組みや用途、また設置の際に利用できる補助金制度などについてまとめました。

蓄電池とは?

蓄電池は、文字通り電気を貯めておくことのできるバッテリーのようなもの。住宅や事業者、ビルなどに設置することができ、太陽光発電で発生した電気や、電力会社から買った電気を貯めておくのに使われます。ここ数年で普及しはじめ、メーカーからも住宅用の製品の発表が相次ぎました。

太陽光発電+蓄電池のある生活

昼間は太陽光発電が可能なので、家では太陽光発電の電力を使います。余った分は蓄電池に貯めておくことができます。太陽光発電だけで不足した分は電力会社から買うこともできます。

夜間は太陽光発電ができないので、蓄電池に貯めておいた電気を利用します。昼間と同様、不足分は電力会社から買います。

そして深夜は、電気を使うことがあまりありません。このタイミングで電力会社から電気を購入し、蓄電池に貯めておきます。

電気料金を下げることができる

太陽光発電だけでは電力が不足するとき、そして深夜の充電のときのみ電力会社から電気を購入すればいいことになります。そのため、電気料金を大きく下げることができます。昼間電気が余れば、それを夜間に利用することができます。蓄電池があることによって、昼夜を問わず太陽光発電のエネルギーを利用することができるようになるのです。

しかも、電気料金の安い深夜に電気を買って充電しておくので、昼間電気を買うよりもさらに料金を抑えることができます。電力会社に頼らず、より自立した生活ができるのです。

非常時にも電気が利用できる

電気を貯めておくことができるので、災害などで停電した場合も電気が使えます

蓄電池がない場合は、発電できない夜間の電気は使えなくなってしまいます。ところが、蓄電池があることで、昼間充電しておけば夜間の電力もある程度確保できるのです。

蓄電池の仕組み

蓄電池の仕組みを知るには、まず電池の仕組みを理解することが必要です。

電池は、イオン化傾向の異なる+極と-極の金属、そして電解液から構成されています。-極の金属はイオン化しやすい金属で、イオンかした金属が電子を放出しながら+極へと流れていくことで電気が発生するという仕組みになっています。

充電はこれと逆のことが起きます。+極に電流を流すことで、+極の金属がイオン化し、-極で再び金属に戻ります。これによって放電前の状態に戻り、充電ができます。

利用できる補助金

蓄電池の設置コストは、まだまだ高額なのが現状。その分、一般社団法人 環境共創イニシアブ(SII)から設置者への補助金が用意されています。

現在販売されている機器には、それぞれ基準価格(A値)と目標価格(B値)が定められています。B値は、メーカーがコストダウンの目標として設定された金額。一方A値は現在の市場価格を反映した価格で、段階的にA値をB値に近づけていくことが目標とされています。

そのため、B値と購入金額の差額についてはSIIから補助金を受けることができます。購入金額がA値より高い場合は、差額の1/3、A値より低い場合は差額の2/3あるいは購入金額の1/4の補助金が適用されます。

 
▲ ページトップ

【免責事項】このサイトは、個人が運営してます。最新情報を知りたい方は、リンク先サイトをご確認ください。

宮崎の太陽光発電「優良」施工業者ランキング